コブラシールドの誕生

『傷つけたくないもの』を傷や割れなどのダメージから守りたい。その想いからコブラシールドの開発はスタートしました。傷つけたくないものとは人によって様々だと思います。ある人は車やバイク、ある人は家具であったり・・・。『もの』は存在する限り少しづつ劣化したり、傷んだりします。ちょっとの不注意や事故でその『傷つけたくないもの』に 傷がついてしまったら、ひどく悲しい気持ちになりますよね。『だったら傷がつかないように守ればいい!』その想いからコブラシールドの開発は始まりました。

構成素材

他社のプロテクションシートは衝撃吸収層にポリウレタン(PU)を使用していますが、コブラシールドは塩化ビニル(PVC)を選択しました。PUとPVCの大きな違いは耐候性能と耐熱性能とコストパフォーマンス、そして環境にやさしいことです。

耐候性能

コブラシールドは高い耐候性能をもっており、環境や施工素材・方法にもよりますが、おおよそ屋外で3年以上の保護効果が実証されています。

UVカット効果

UVカットは他社のプロテクションシートにないコブラシールドの特徴になります。紫外線はプラスティック素材や塗装面等にダメージを与えるだけでなく、人体にも悪影響を与えることがあります。コブラシールドは紫外線をほぼ100%カットするため、様々な悪影響から大切なものを守ります。

耐候年数

一般的な使用法であれば、屋外で3年以上、屋内で5年以上効果が持続します。例えば需要が比較的多い自動車のドアノブであれば3年以上の効果が持続します。

貼替時期

コブラシールドの貼付け面が剥がれたり、全く柔軟性がなくなってきたら貼替え時期になります。

COBRASHIELD facebook

サポートチーム・選手

コブラシールド構成図